PlayStation 4 PlayStation 5 Steam(パソコン) Xbox Series X|S

ダイイングライト2

★★★★★
★★★★★

ゲーム概要

『ダイイングライト2』は、2022年2月4日に発売された1人称視点のオープンワールド型アクションゲームです。本作の主な特徴として、プレイヤーの選択によって分岐する重厚なストーリーや、よじ登り・壁走りなどパルクールのスキルを応用した俊敏な移動アクション、広大なオープンワールドの探索要素が挙げられます。

なお本作は最大4人でのオンラインマルチプレイに対応しています(※マルチプレイの際はPS Plus等への加入が必要です)。

あらすじ

物語の舞台となるのは感染するとゾンビ化してしまう謎のウイルスが蔓延した世界。プレイヤーは記憶を失くした主人公・エイデンとなり、離ればなれになってしまった妹を探して人類最後の拠点「シティ」を訪れます。しかしシティの生存者たちは考え方の違いからいくつかの派閥に分かれており、ゾンビの脅威にさらされる一方で人間同士でも争い合っているというのが現状です。プレイヤーはどの勢力に協力し、どの勢力と敵対するかを見定めながら、自分の運命を切り拓いていくことになります。

対応プラットフォーム

PlayStation4 / PlayStation5 / Xbox One / Xbox Series X|S / PC(Steam、Epic Games)など
※2022年2月23日時点

ポイント

  • Nintendo Switch向けのクラウド版は発売が延期されています。
  • 異なる機種間でのクロスプレイには現時点では未対応です(例:PS4⇔PCなど)。
  • PS4⇔PS5などの世代間クロスプレイには後日実装予定とのこと。

プレイ人数

最大4人(オンライン専用)

実況プレイ&解説動画(生放送)

協力プレイ手順(オンラインマルチ)※PS5

ゲーム冒頭部分を約2時間程度ソロで進めて、ストーリークエスト「疫病の印」をクリアすることでマルチプレイができるようになります。

招待側

  • ゲーム起動後、「オプション」を選択します。
  • R1ボタンまたはL1ボタンを押して「オンライン」のタブを開き、「ゲームタイプ」の項目を「フレンドのみ」に設定します。こうすることで、フレンド以外のプレイヤーが誤ってゲームに参加することを防げます。
  • コンティニューを押してゲームを開始した後、コントローラーのOptionボタンを押してポーズメニューを開き、「オンラインメニュー」を選択します。
  • 「フレンド」を選択します。
  • PlayStation5のフレンドリストが表示されるので、ゲームに招待したいフレンドにカーソルを合わせます。
  • △ボタンを押して招待を送信します。

参加側

  • ゲームに招待されると画面右上に通知が表示されますので、コントローラーのPSボタンを押して招待内容を確認します。
  • 「グループに参加」を選択します。
  • ローディング後、合流が完了しました!
  • パーティメンバーの位置はA~Dのアイコンでミニマップ(画面上部)にも表示されるようになります。

レビュー

オススメする点

  • 選択によって分岐する重厚なヒューマンドラマを中心人物として体験できる
  • パルクールの華麗で自由な動きが生かされた移動アクションが面白い
  • やり込み要素が豊富なのでボリュームたっぷり楽しめる
  • 選択によって分岐する重厚なヒューマンドラマを中心人物として体験できる

深読みすればするほど何が正しいのか、誰が悪なのかが分からなくなっていく。そんな濃厚なストーリー展開が魅力的でした。ゲームをプレイしていないときにも、「あのキャラのあの発言は怪しいよね!」といった風に会話の種になるような面白さ・興味深さがあり、続きがどうなるのか気になってその勢いでクリアまで一気に進めてしまいました。また本作は会話中の選択肢に深い意味があるものが多く、プレイヤーの選択によって物語が分岐していくことも特徴的です。選択次第でその後の展開が大きく変化する事もあるので慎重な決断が迫られますが、日本語フルボイスに対応しているおかげでNPCとの会話の流れやその時直面している問題についてしっかりと把握することができ、洋ゲーにありがちな「そこまでの会話の流れが汲めないのでどの選択肢を選んでいいか分からない」というような事態が起こりませんでした。それどころか本作では細かなニュアンスまで完璧に翻訳されており、没入感の高さは前作以上のものでした。さらに主人公・エイデンの感情の揺れ動きが丁寧に描かれているためエイデンへの自己投影がしやすく、限りなく自然にストーリーに入り込むことができました。海外ドラマの主人公になった気分で濃厚ストーリーを体験できるため、シリアスな展開が好きな方や、人と人との駆け引きなどを楽しみたい方におすすめしたいです。

  • パルクールの華麗で自由な動きが生かされた移動アクションが面白い

掴んでよじ登ったり足場にできるオブジェクトが無数に配置されているおかげで前作以上にスピーディな動きが可能になり、操作性もぐんと上がっています。また、パルクールスキルを習得することで例えば壁を駆け上がったりスライディングができるようになり、より無駄の無い動きで目的地まで到達できるようになります。前作での懸念点だった落下ダメージに関しても、本作では新装備「パラグライダー」を使う事でふわりと着地することができるようになっており、高所移動に伴うストレスが軽減されていると感じました。加えて、ジャンプの飛距離が割とあったり、ちょっとした出っ張りにでもちゃんと掴まってくれるお陰で落下自体しにくくなっています。ほかにも「グラップリングフック」という装備を使えば振り子運動を利用した縦横無尽な移動が可能になります。パルクールというスタイリッシュな動きにスキルや装備などの副次機能が組み合わさりアクション全体の自由度が増しています。パルクールの楽しさをより多くの人が味わえるよう工夫と改良がなされている本作ですが、こと移動に関しては爽快感を見出せるほど面白くなっており、まさしく正統進化を遂げたという印象を持ちました。

  • やり込み要素が豊富でボリュームたっぷり楽しめる

メインストーリーのクリアまで約30時間程度とストーリーだけでも十分なボリュームがありますが、やり込み要素が豊富なのでもっと長時間遊ぶことも出来ると思います。やり込み要素として挙げられるのは、アイテムクラフト要素・武器の改造や装備品のアップグレード、世界観やメインストーリーの補足にもなる作り込まれたいくつかのサイドクエスト、アーティファクト等の発見、拠点の開放による勢力のパワーバランス調整、目的地にたどり着くまでのタイムをパーティメンバーと競い合う対戦ミニゲーム、ファストトラベル地点となる地下鉄駅の開放ミッションなど。そしてDLCを含めた今後のアップデートによる拡張性にも期待できます。さらに美麗グラフィックで描かれる広大なエリアではクラフト用の素材を発見できるほか、パルクールやパラグライダーなどを駆使しなければ行けない場所にキャラ強化用・装備のアップグレード用のアイテムが隠されていることがあり、非常に探索のしがいがありました。やり込み要素の中でも特に武器の改造要素が面白く、刃の部分・柄の部分といった部位ごとに属性攻撃用のMODを取り付ければ例えば敵を凍らせて足止めしたり、範囲内の敵を燃やしたりできます。ほかにも弓用の電撃矢をクラフトすれば集まっている敵をまとめてみんな痺れさせ、足止め中に味方を蘇生するなど隙を有効利用できます。…と言った風に武器の改造だけを取り上げてみてもプレイヤー独自の戦い方を編み出せるほど奥深く、その他コンテンツに関してもやり込みによって更なる魅力を発見できるゲームだと思います。

注意する点

  • バグがある(ver.1.05時点)
  • ボス戦にやり応えがない
  • 参加側プレイヤーはあくまで「お手伝い」的立ち位置になる
  • バグがある(ver.1.05時点)

扉が開かずクエスト目的地に辿り着けない・敵を倒し切ってもストーリーが進まない・敵が壁に挟まって倒せないので進まない・追従対象のNPCが柱などに挟まって動かなくなる等々…、ゲーム後半に行くにつれてバグる頻度が高くなりました。特にエンディング付近で何度もアプリケーションが強制終了してしまうのが本当に勿体ないです。ストーリーに没入したいのにいきなり現実に引き戻される感覚があり、せっかく盛り上がってきているのに残念でした泣。ただし本作は発売後からすでに何度か修正アップデートが実施されているほか、発売後5年間のアップデートロードマップが公開されているなど制作会社の意欲的な対応が見受けられ、時間をかけてより一層の大成を期待できるのではと思います。

  • ボス戦にやり応えがない

ノーマル難易度を2人でプレイした場合、ボスを挟み撃ちでフルボッコできてしまうので少し物足りないと感じることがありました。さらにボスにしてもゾンビ含む雑魚にしても一部鬼ほど強いタイプはいるものの動きがほぼワンパターンで、スリリングな戦いやギミックを利用した頭脳戦などはほぼ無いです。また、武器は色々カスタマイズできるのですが戦闘スキルの種類自体は多くないため、プレイヤー側の動きもワンパターン化する傾向にありました(ドロップキックばかりしてしまう…等)。なお本作の防具には種類ごとに性能差があり、頭から足まで揃えることでタンク型・ヒーラー型・アタッカー型といったクラス的概念を持たせられるようになっています。しかし前述の通り、マルチプレイの際の戦闘はほぼゴリ押しで勝ててしまうため防具ごとの性能の違いを実感する場面が正直なところありませんでした。たとえばタンク装備をそろえるとより敵をひきつけやすくなるといった風に役割の違いを明確化できる要素があったなら、より戦闘に広がりが増したのではと思います。

  • 参加側プレイヤーはあくまで「お手伝い」的立ち位置になる

参加側プレイヤーはホストのゲーム内でストーリーを一緒に体験できますが、参加側プレイヤーに選択肢を決める権限はありません(どの選択肢が良いか投票することはできますが、最終的な決定権はホストのみが持っています)。さらに重要な選択の場合は制限時間が設けられており、パートナーとじっくり話し合って決めることが難しいです。選択次第で大きく物語が変わっていくゲームのため、意見の相違から揉めてしまわないよう、どちらの意見で進めるか話し合っておいた方が良いかもしれません。また、マルチプレイでストーリーを進めた場合、参加側プレイヤーのストーリーは進まないことにも注意が必要です※入手したアイテムやレベル状況などは保持されます。

オンライン協力プレイの仕様

協力プレイの特徴

  1. マルチプレイ中はホストプレイヤーのストーリーのみが進行し、参加プレイヤーのストーリーは進まない
  2. マルチプレイ中に入手した装備やスキルの状況は、マルチ終了後も保持される
  3. ストーリーの進捗度合いが違うプレイヤーともマルチプレイが可能
  4. お互いに蘇生・回復し合える
  5. アイテムをその場にドロップすればプレイヤー間での受け渡しが可能
  6. パーティメンバーのうちの誰かがミッション開始地点やベッドの近くに行くと、他のメンバーがその場所までファストトラベルできるようになる
  7. 会話などの選択肢の決定権があるのはホストプレイヤーのみ(参加プレイヤーは投票ができる)

協力プレイ環境

PlayStation5本体2台
ソフト2本
コントローラー2台

二人協力プレイに掛かった費用

ソフト代8,700円×2本=17,400円 ※2022年2月23日時点
オンラインサービス PS Plusに加入が必要

夫婦コメント&評価

夫コメント

夫「ぴろき」
  • ★★★★★
    ★★★★★

パルクールやクライミングの技術を利用した謎解きギミックと探索要素が良かったです。足元にゾンビの大群が押し寄せる緊張感のなかで次に掴む場所を探すといった本作ならではのスリルを味わうことができ、操作感の改良も相俟ってパルクールアクション関してはとても快適に楽しくプレイできました。ただしボス戦や雑魚戦に関してはやり応えの無さが玉に瑕で、マルチプレイでノーマル難易度とは言え挟み撃ちでぼこぼこにできてしまうのは物足りなさが勝ってしまいます。せめてボス戦だけでもギミックを足すか、せっかく装備品にタンクやヒーラーなどの役割要素があるのでそのあたりの明確化を行うことで戦闘がより面白くなると感じました。日本語フルボイスで描かれるストーリーも素晴らしく、エイデンの心理描写などは圧倒的で、最初から最後まで深く感情移入してプレイできるゲームでした。おすすめです。

妻コメント

妻「こはく」
  • ★★★★★
    ★★★★★

謎のゾンビウイルスに侵され暗黒時代を迎えた世界が舞台のFPSアクションゲームです。美麗グラフィック、パルクールアクション、オープンワールドの探索要素など魅力のたっぷり詰まった作品ですが、私が特に素晴らしいと感じたのは骨太で重厚なストーリー内容です。「過酷な環境に追い詰められ、人間同士が争い合う」…これは既にさまざまな媒体で描かれているもはや永遠のテーマとも言える題材ですが、本作では主人公・エイデンとなったプレイヤー自身にほぼ全ての選択が委ねられており、その決断に応じて物語の内容が変化していきます。つまり本作で描かれるのは、"プレイヤー自身がこの永遠のテーマを突きつけられた時どういう選択をするのか"という本質への問いかけ。今にも消えてしまいそうな光を掴むのか、それとも強い闇に引き寄せられるのか…正解の有無さえ分からないこの命題に直面したとき、プレイヤーは物語を紡ぐ一員として確かにゲーム内に存在します。世界観に深く浸りながらストーリーを楽しみたい方にとってもおすすめの作品です!

公式サイト

『ダイイングライト2』のスコア

7.9

グラフィック

7.5/10

操作性

7.5/10

ボリューム

8.0/10

ストーリー

9.0/10

オリジナリティ

7.5/10
  • この記事を書いた人

協力ゲーム通信

二人そろって幼稚園児(年長)時代に無事ゲーマーデビューを果たし、それ以来の人生をゲームに捧げてきたヘビーゲーマー夫婦です。カップルやフレンドだけで楽しめる協力プレイ可能なゲームをじっくりプレイした上でレビューします!

注目記事

1

目次1 ゲーム概要2 実況プレイ&解説動画(生放送)3 協力プレイの前準備4 協力プレイ手順(オンラインマルチ)※PS55 レビュー6 オンライン協力プレイの仕様7 夫婦コメント&評価8 公式 ...

2

この記事では、2022年4月~6月に発売予定の PlayStation4、PlayStation5、Nintendo Switch、Xbox Series X|S、Steam、Epic Gamesの「 ...

3

目次1 ゲーム概要2 実況プレイ&解説動画(生放送)3 協力プレイ手順(オンラインマルチ)※PS54 レビュー5 オンライン協力プレイの仕様6 夫婦コメント&評価7 公式サイト8 『ダイイング ...

4

目次1 ゲーム概要2 実況プレイ&解説動画3 協力プレイ手順(オフライン画面分割)※PS54 レビュー5 オフライン協力プレイの仕様6 夫婦コメント&評価7 公式サイト8 『ダイイングライト2 ...

5

目次1 ゲーム概要2 実況プレイ&解説動画(生放送)3 協力プレイ手順(オンラインマルチ)※PS54 レビュー5 オンライン協力プレイの仕様6 夫婦コメント&評価7 公式サイト8 『ダイイング ...

-PlayStation 4, PlayStation 5, Steam(パソコン), Xbox Series X|S
-, , , , ,