PlayStation 4 PlayStation 5 Steam(パソコン) Xbox Series X|S

クアリー~悪夢のサマーキャンプ

★★★★★
★★★★★

ゲーム概要

『クアリー~悪夢のサマーキャンプ』は2022年6月10日に発売されたホラーアドベンチャーゲームで、「Until Dawn -惨劇の山荘-」や「ダークピクチャーズ」シリーズなどを手掛けるSupermassive Gamesがおくる新作タイトルです。主な特徴として実写映画さながらの美麗グラフィックと俳優陣の素晴らしい演技が組み合わさったリアリティの高いホラー体験、プレイヤーの選択が登場人物たちの命運を左右する緊張感のあるゲームプレイ、複雑に分岐するストーリーの結末として用意された186種にも及ぶ固有エンディングなどが挙げられます。

なお本作は一つのコントローラーをシェアしてプレイするオフラインマルチプレイと、フレンドと一緒にゲームを見ながら重要な選択時に投票で参加してもらうオンラインマルチプレイが可能です。

ストーリー

物語の舞台はニューヨーク州北部にある人里離れた森の中。ハケット採石場のキャンプカウンセラーを務めていた若者たちは、サマーキャンプ最後の夜を迎えます。キャンプ場に残されたのは自分たちだけ、彼らを縛るルールはもうありません。そんな状況でお別れパーティを開こうと思い立った彼ら。ですが、事態は思いがけない方向へと進んでいきます…。血生臭いハンターたちと恐ろしい「何か」の存在に脅かされ、恐怖の一夜が幕を開けます。果たして何人が生き残ることができるのでしょうか?全ての選択には、結果が伴います。この恐ろしい結末を作ったのは――あなた。

対応プラットフォーム

PlayStation4 / PlayStation5 / Xbox Series X|S / PC(Steam)など
※2022年8月1日時点

同ブランド機種の世代間クロスプレイが可能です(例:PS4とPS5など)。

プレイ人数

オフライン最大8人
オンライン最大8人

実況プレイ&解説動画(生放送)

協力プレイ手順(オフラインマルチ)※PS5

ストーリー冒頭からマルチプレイを開始できます。

  • ゲームを起動し、「協力プレイ」を選択します。
  • 必要に応じて「プレイヤーを追加」の操作を行います。
  • 「プレイヤー1」にカーソルを合わせた状態で□ボタンを押すとプレイヤー名の編集が可能です。
  • 好きなプレイヤー名を入力して「確定」を選択します。
  • 「キャラクターを追加」を選択すると、操作を担当するキャラクターをプレイヤーごとに割り当てることができます。
  • 全てのキャラクターを割り当てて「プレイ」を選択するとゲームが開始します。
  • 自分の操作ターンになるとゲーム側が教えてくれます。操作キャラクターが切り替わるタイミングでコントローラーを渡し合いながらストーリーを進めていきます。

初めてゲームをプレイする際の手順を記載しています。

レビュー

オススメする点

  • グラフィックなどの細かな作り込みやクイックタイムイベント演出がゲーム体験に没入感をプラスしている
  • 探索要素があり、手がかりを集めて事件の真相を推理していくのが面白い
  • エンディングが186種類も用意されており、やり込みプレイも楽しめる
  • グラフィックなどの細かな作り込みやクイックタイムイベント演出がゲーム体験に没入感をプラスしている

森の中を低い視点で高速移動する獣のような何かが夜道をゆく車の様子をうかがっており、運転中のカップルがそれを轢いてしまう・・・という衝撃のオープニングで幕を開ける本作。実写さながらの美麗グラフィックに加えて光と影の描写や作り込まれた環境音などが素晴らしく、固定カメラ演出なども相俟って周りの風景やキャンプ場の空気感をリアルに想像でき、まるで現地にいるようなゲーム体験を楽しめました。

また実在する俳優陣の演技をモーションキャプチャーでモデリングしていて、キャラクターたちの表情が感情に応じて仔細に変化する点も素晴らしいです。例えば殺されるかもしれない相手に対して生存を賭けて嘘をつく場面では少し目が泳いでいたり、身振り手振りが少しオーバーになるなど、その場の緊迫した雰囲気が伝わってくるようでした。

加えて本作のクイックタイムイベントは操作キャラクターとプレイヤーの恐怖心をシンクロさせる演出として非常に効果的な役割を果たしています。たとえば、二人で探索していたはずなのに、何かをきっかけに分断され一人になった時に化け物と遭遇するといった場面では息を潜めて隠れたり、時には走って逃げるといったアクション時にクイックタイムイベントが発生します。プレイヤー側に求められる操作はボタンの長押しであったり、スティックの方向入力だったりと非常にシンプルなのですが、恐怖心や緊張から普段なら簡単にこなせる操作がうまくいかなくなったりとクイックタイムイベントの発生する状況がスパイスとなってゲーム体験により一層スリルが増し、楽しめました。

さらに本作日本語吹き替えに対応しているためキャラクター像が掴みやすい上に感情移入がしやすく、終始ハラハラドキドキしながらストーリーを追うことができました。

  • 探索要素があり、手がかりを集めて事件の真相を推理していくのが面白い

本作では、効果的に探索パートが発生します。少し見えにくい物陰で発見した物が事件の真相を解くための手掛かりになったり絶対絶命の危機を潜り抜けるために役立ったりと、思わぬ局面で重要な役割を果たしてくれるので探索中は隅々まで目を凝らす必要があります。

手掛かりはメニュー画面から詳しく調べて追加の情報を得る事ができるほか、その後のプレイヤーの行動の指針にもなります。本作における事件真相に辿り着くまでの伏線回収の流れは実に爽快で、バタフライエフェクトという言葉を彷彿とさせるよく練られたストーリーだと感じました。

一方、探索中に手に入れた道具はプレイヤーの選択次第で毒にも薬にもなります。例えば猟銃は一見すると敵に対抗するための武器として使えそうですが使い所や使い手(銃の扱いの下手な人が使ったり)を誤ってしまうと「思わぬ惨劇」を招く可能性があります。さらに道具をいつ、どこで、誰が使うのかといった選択のほか、そもそも道具を拾わないといった選択も可能で、探索中の行動が物語の与える影響は大きいと言えます。

射撃のQTEを失敗したくない場合、設定からオート照準に変更可能です。

また、探索パートでは「タロットカード」を発見する事もできます。これを集めるとキュレーター(物語の案内人)の助言を聞いたり、不吉な未来の映像をチラ見せして貰えたりと攻略のヒントをもらうことができるのですが、その表現には「含み」があり、真に受けるのが良いのかどうなのか・・・プレイヤーをさらなるミステリーへと導いてくれます。

  • エンディングが186種類も用意されており、やり込みプレイも楽しめる

本作は一周クリアに要する時間は約10時間程度とさほどボリュームはありません。しかしプレイヤーの選択と行動が物語の流れだけでなく登場人物たちの人間関係にも影響を及ぼすシステムになっており、何と186種類のエンディングが用意されています。「あの時、こうしていれば…」と思うことは人生の中で誰しもあると思いますが、本作の中でも同様にして些細な行動の違いがのちの物語に大きな影響を与えていきます。例えば、化け物に追われている時に「階段を上がって上に逃げるのか」それとも「物陰に隠れるのか」、どちらを選ぶかによって生死が左右される事も…

何が命の危険につながるか分かりません。慎重な判断を。

またエンディングの種類の多さだけでは無く、その幅の広さにもやり込み要素を感じます。単純に一人でも多く生存させる為にプレイするだけでは、「物語の真相」にはたどり着けない様な設計になっており、程よく散りばめられた「罠」を搔い潜った先にしか見れない真のエンディングを見るには観察力と綿密な推理が必要で、結果として相当な周回プレイが必要になると思います。そして、探索パートで集めた証拠数に応じてエンディング(スタッフロール)の内容が変化するのですが、その演出方法のオリジナリティが高く、一見の価値があると思います。

注意する点

  • グロ表現が激しい一方でホラー描写は薄味かも
  • 恋愛要素がある
  • ムービースキップが出来ないなど、少し不便な部分がある
  • グロ表現が激しい一方でホラー描写は薄味かも

本作はホラー要素よりもグロテスクな描写でびっくりさせる演出が多めだと感じました。例えば誤った選択肢を選ぶと首が吹っ飛んだり、生き残る為に仲間の腕を切り落とすかどうかの選択をしないといけない場面などがあり、大量の出血を伴う表現がやや多いです。

一方、肝心のホラー要素に関しては、カメラワークなども含め伝統的なホラー演出といった印象を受けました。例えば、森の奥を一人で歩いていると草むらから物音がして、音楽とともに緊張感が高まっていくけれど何も無く…静寂に包まれ気のせいだったか、と安堵した次の瞬間に背後を白い何かが横切ったり。車に乗り込むとバックミラーに一瞬だけ幽霊が映り込んでいる等々、ホラーゲームに慣れている人の「此処に出てくるかも」という想像を裏切らない、ある意味わかりやすい演出が多いです。そのためグロテスク表現で絶叫することはあっても、ホラー要素で絶叫する様な恐怖体験は無く、ホラー要素に期待してプレイするとやや肩透かしを食らう可能性があります。

オバケの映り込みはもはや定番!?
  • 恋愛要素がある

物語の舞台はサマーキャンプが開催されるハケットキャンプ場です。そこで一夏の間働く若者たちが事件に巻き込まれていくことなります。

若い男女たちが一夏の間ともに過ごすとなれば自然と恋愛感情も生まれると思います。そのためキャラクターたちの間には三角関係のような複雑な恋愛感情がベースにあり、一見するとホラーというより青春恋愛ドラマ風味の方が強いと感じてしまう場面も登場します。例えば、恋愛がらみの選択肢が出てきたり、唐突に下ネタが飛び交ったり、キャンプファイアーの王様ゲームで特に好きでもない相手とキスする場面があるなど、一緒にプレイする人を少し選ぶかもしれません…(気恥ずかしくなってしまうかも?)
ただ、本作において「自分の命を賭けて、誰かを守る」という部分は大事なコンセプトで誰かを「愛し、守りたい!」という感情は物語の真相を知るうえで大切な要素です。単純な恋愛がらみの選択肢だと思いきや、キャラ同士の好感度に影響しイベントムービーの内容が変化するという事もあります。

  • ムービースキップが出来ないなど、少し不便な部分がある

本作は一周クリアでは事件の真相を知ることは難しく、周回プレイが前提のゲームとなっています。しかしながら、周回プレイ時でさえムービースキップ機能(2022年10月時点)がないので、例えばオープニングムービーを毎回観る必要があります。そのためちょっとした選択肢の違いでエンディングが分岐してしまう本作にとって周回プレイのテンポの悪さは致命的であり、こだわりの演出でさえも何度も繰り返し観ることで不要なストレスに繋がってしまう悪循環が発生しており残念に思いました。

ただし2周目からはやり直しができる機能(3回まで選択肢の選び直しが可能)が解放されます。そのお陰で2周目はプレイできたものの、3周目以降となるとさすがに何度も見ているシーンが多くなってくるのでやはりどうしても飽きを感じてしまいました。

オフライン協力プレイの仕様

オフライン協力プレイの特徴

  1. 一つのコントローラーを複数人でシェアしてプレイする
  2. 自分が担当するキャラクターの番が来るまでは見守ることしかできない

協力プレイ環境

PlayStation5 本体1台
ソフト1本
コントローラー1台

二人協力プレイに掛かった費用

ソフト代 ( ※PS5版 )8,800円 ※2022年8月1日時点
オンラインサービス不要
※オンラインマルチプレイの際は PS Plusに加入が必要

夫婦コメント&評価

夫コメント

夫「ぴろき」
  • ★★★★★
    ★★★★★

登場人物一人一人の描写が丁寧で日本語ボイスにも対応しているので感情移入しやすいですが、原作言語が英語ということもあり発見した資料など文字は全て英語で一度見ただけでは内容がわからないことがあります。再度調べると日本語訳が表示される仕様なので気になったり詳しく見たいものがあった時は二回調べるともっと理解が深まりました。

妻コメント

妻「こはく」
  • ★★★★★
    ★★★★★

若者たちが主体となり得体の知れない敵や恐怖に怯えながらも怪奇事件の解決を目指すホラーアドベンチャーゲームです。あちこちに手掛かりがばら撒かれているので探索の中でそれらを収集し、何が事件の原因なのかを推理しプレイヤー自身の頭の中で組み立てていくその過程が面白く、サスペンスホラーやオカルトホラーが好きな方なら楽しめると思います。

公式サイト

『クアリー~悪夢のサマーキャンプ』のスコア

7

グラフィック

8.0/10

操作性

7.0/10

ボリューム

6.0/10

ストーリー

7.5/10

オリジナリティ

6.5/10
  • この記事を書いた人

協力ゲーム通信

二人そろって幼稚園児(年長)時代に無事ゲーマーデビューを果たし、それ以来の人生をゲームに捧げてきたヘビーゲーマー夫婦です。カップルやフレンドだけで楽しめる協力プレイ可能なゲームをじっくりプレイした上でレビューします!

注目記事

1

目次1 ゲーム概要2 実況プレイ&解説動画(生放送)3 協力プレイの前準備4 協力プレイ手順(オンラインマルチ)※PS55 レビュー6 オンライン協力プレイの仕様7 夫婦コメント&評価8 公式 ...

2

この記事では、2022年10月~12月に発売予定の PlayStation4、PlayStation5、Nintendo Switch、Xbox Series X|S、PC の「オフラインマルチプレイ ...

3

目次1 ゲーム概要2 実況プレイ&解説動画3 協力プレイ手順(オンラインマルチ)※PS54 ファストトラベルのやり方5 レビュー6 オンライン協力プレイの仕様7 夫婦コメント&評価8 公式サイ ...

4

目次1 ゲーム概要2 実況プレイ&解説動画(生放送)3 オフライン協力プレイ手順※PS54 オンライン協力プレイ手順※PS55 ファーストレビュー6 オフライン協力プレイの仕様7 オンライン協力プレイ ...

5

目次1 ゲーム概要2 実況プレイ&解説動画(生放送)3 協力プレイ手順(オンラインマルチ)※PS54 レビュー5 オンライン協力プレイの仕様6 夫婦コメント&評価7 公式サイト8 『クアリー~ ...

6

目次1 ゲーム概要2 実況プレイ&解説動画3 協力プレイ手順(オフライン画面分割)※PS54 レビュー5 オフライン協力プレイの仕様6 夫婦コメント&評価7 公式サイト8 『クアリー~悪夢のサ ...

-PlayStation 4, PlayStation 5, Steam(パソコン), Xbox Series X|S
-, , , , , , ,