エイリアン:ファイアーチーム エリート

【夫婦評価平均】

★★★★★
★★★★★

        エイリアン:ファイアーチーム エリート

ゲーム概要

『エイリアン:ファイアーチームエリート』は、2021年9月16日に日本語対応版が発売された協力型TPSです。物語の舞台は映画「エイリアン」の世界。エイリアンだらけの戦場に、歴戦の海兵隊である主人公達・ファイアチームが送り込まれます。本作の特徴として、エイリアンを始めとした大量の敵や、プレイスタイルに合わせたクラス選択システム、武器・装備・特技のカスタマイズ要素などが挙げられます。なお本作は、最大3人でのオンラインマルチプレイに対応しています。

日本語対応プラットフォーム

PS4 / PS5  ※2021年10月12日時点

プレイ人数

1~3人(オンライン)

オンライン二人協力プレイ動画

協力プレイ手順

最初のキャンペーンミッションに行けるようになるとマルチプレイ機能も解放されます。

ホスト側

1.コントローラーのOptionボタンを押してメニューを開き、R1ボタンを押してタブを切り替えて「チーム」の画面を開きます。

2.PlayStationのフレンドリストからゲームに招待したいプレイヤーを選択し、決定します。

3.フレンドがゲームに参加しました!

4.Optionボタンを押してメニューを開き、「キャンペーン」の画面から一緒に挑戦したいキャンペーンを選択します。

5.ミッションを選択し、「マッチメイキング:パブリック」の項目にカーソルをあわせます。

6.「プライベート」を選択すると、フレンド限定セッションでプレイ可能になります。

7.「ミッションを起動」を選択します。

8.「キューに参加」を選択します。

9.チーム全員が「準備完了」を選択するとミッションに出発します。

ゲスト側

1.ゲームに招待されると通知が届きますので、コントローラーのPSボタンを押して通知を確認し、「グループに参加」を選択します。

2.チームメンバーがミッションを選択すると左上に通知が表示されますので、コントローラーのタッチパッドボタンを押してキューに参加します。

3.「キューに参加」にカーソルを合わせて決定すると、チームメンバーの選択したミッションに参加できます。

レビュー

○オススメする点
  • ・歯応え抜群のバトル
  • ・カスタマイズ性の高さ
  • ・気軽に遊べる

歯応え抜群のバトル

難易度はカジュアル・スタンダード・インテンス・エクストリーム・インセインの五段階が用意されています(最高難易度「インセイン」は、一周目クリア後に解放されます)。ですが敵1匹1匹がそれなりに固く火力もあるため、普段シューティングをそこまでプレイしない私たちの場合、難易度スタンダードでもかなりの歯応えがあると感じました。各キャンペーンは3つのステージで構成されており、ステージごとに推奨戦闘力が定められています。推奨戦闘力を下回っていてもステージに挑戦は出来るのですが、火力が不足する分厳しい戦いを強いられます。さらに弾薬供給の少なさや、回復手段の乏しさ、難易度カジュアル以外は蘇生に回数制限が設けられている事などもバトルの緊張感を高めています。

>>敵の種類

本記事の投稿時点で実装されている敵は全20種類で、うち11種類が独自の進化を遂げたエイリアンたちです。エイリアンは種類によって外見や行動パターンが異なり、例えば遠くから酸性の唾を吐いてくるタイプや、通気口から突然現れて飛び掛かってくるタイプが出現します。もしもエイリアンに掴みかかられるとクイックタイムイベントが発生します。このクイックタイムイベントに成功するか仲間にエイリアンを倒してもらう事で掴み状態から抜け出せますが、エイリアンと接触した時点で多少なりともダメージを受けます。

>>共闘

どのステージも敵が大量沸きするマルチ前提のバランス設計になっていて、お互いに背中を預け合って戦うような場面が何度もありました。不気味なエイリアンの巣窟内では仲間の存在が非常に頼もしく、誰かと一緒に戦っている事を強く実感できるゲームだと思います。また、「こっちの方向は任せて」とか「後ろから狙われてるよ」といった風に実際に声を掛け合いながら戦うことでよりゲームに没入して楽しめました。

カスタマイズ性の高さ

装備の組み合わせによって、自分好みのプレイスタイルを追求できるところが面白いです。本作には記事投稿時点で6つのクラスがあり、タレットを設置して火力支援ができるテクニシャンや、体力回復エリアを展開できるドクなどが選択可能です。クラスによって専用アビリティが用意されているほか、装備できる武器が異なるため、バトルの際の各自の役割がはっきりしています。武器にはメイン武器とサブ武器、ハンドガンがあり、メイン武器とサブ武器にはアタッチメントを取り付けてさらにカスタマイズが可能です。また、消耗品として地雷や範囲内の味方の攻撃力をUPするドローンなどを持ち込むことができます。

>>パークのカスタマイズ

「パーク」とは永続スキルのことで、クラスのランクアップ時に入手したり売店で購入できます。取得したパークを枠に合わせてパズルのように嵌め込むと、アビリティの強化や所持弾薬量増加といった恩恵を得られます。パークの種類によっては嵌められなかったり、長細い形や正方形のものもあり、ただ単に隙間を埋めるだけではないのがこのシステムの難しくも面白い点だと感じました。

>>キャラのカスタマイズ

キャラクターの見た目をカスタマイズすることができ、性別・顔タイプ・髪型・肌の色・目の色・ボイスまで選択可能です(ゲーム開始後もいつでも変更できます)。売店でエモートや見た目装備(帽子やサングラスなど)も購入できます。

気軽に遊べる

基本的に3人パーティ用のゲームですが、プライベートセッションの作成が可能で、足りない人員はAIの仲間が補充してくれるため2人だけで気兼ねなくプレイできました。操作性はシンプルで、ダッシュやドッジロールといった敵の攻撃を回避できるアクション要素もあります。難易度もずっと固定というわけではなく、ステージ選択時にすぐ変更できるところが良かったです。さらに、1ステージクリアまで約20~30分程度と拘束時間が長すぎないところも好印象でした。個人的に、自動照準機能の付いた銃がすごくありがたかったです。レーダーが勝手に敵を捉えてくれるので、撃っているだけでどんどん倒せてしまいます。下手っぴでも戦闘に貢献できる気がして、嬉しくなりました・・・笑。

✓注意する点
  • ・ボリューム不足
  • ・原作知識が無いとストーリーが分かりにくい
  • ・進捗度が違うプレイヤーと一緒に遊べない事がある

ボリューム不足

サブクエは無く、キャンペーンだけプレイするならば現状では12ステージのみとボリューム不足が気になりました。さらにムービーは殆ど無く、BGMのバリエーションも多くないです。1ステージが長すぎないため気軽に遊べるところが良い意味でも悪い意味でも薄味に仕上がっています。探索要素は薄く、オマケ程度に隠された物資箱がある程度で最初から最後まで一本道でした。クエスト内容もワンパターンで、弾薬補給箱や回復アイテムが設置されていると「ああ、防衛戦があるんだな」とこちらが察してしまうほど同じ事の繰り返しばかりでエイリアンが出現しても驚きも何の新鮮味も無くなっていきます。さらにステージの背景も似たり寄ったりなので移動に飽きてしまいます。チャレンジカードシステムや5段階難易度などリプレイ性は高いとは言え、同じステージを周回して全クラスのランクを上げたりクレジットを貯めて武器やアタッチメントを購入したり…というのは最早やり込み要素の域なので、やはりもう少しキャンペーンに厚みが欲しかったです。加えて本作はシーズン制のため、今後追加されるコンテンツに関してはシーズンパスやDLCの購入が必要なところも気になりました。

原作知識が無いとストーリーが分かりにくい

とても丁寧に翻訳されていて、直訳のような違和感を感じることはありませんでした。しかし、原作映画「エイリアン」を観たことが無い私たちにとっては、よくわからない専門用語がいきなり登場するため混乱してしまい、内容の把握にかなり苦労しました。また、会話のなかで選択肢を選ぶこともできますが、それによって展開が変化したりNPCに影響を与えるようなことは無く、どの会話も前回ステージの補足説明のような感じで機械的です。主人公(プレイヤーキャラクター)はほぼ喋らず、出自などの説明もないため感情移入して物語を楽しむタイプのゲームではない点に注意が必要です。

進捗度が違うプレイヤーと一緒に遊べない事がある

試しに妻だけがストーリーを先に進めて、後から夫と合流し、夫のキャラがまだ到達していないエリアのミッションを受注しようとすると「チームの全メンバーがミッションまたは難易度をロック解除していません」という警告文が表示されてミッションに出発できませんでした。したがって特定のプレイヤーとマルチプレイをする際は、足並みを揃えて同時にストーリーを進めるか、先に進んでいる方のプレイヤーがお手伝いに行くという形になると思います。

協力プレイ時の特徴

  • ・自分より進行度が先のプレイヤーのステージには参加できない
  • ・自分より進行度が後のプレイヤーのステージには参加できる
  • ・仲間を蘇生できる(難易度に応じて回数制限あり)
  • ・自分の回復薬を仲間に使用できる(回復薬は無くなるので注意)
  • 協力プレイ環境

    PlayStation5本体 2台
    ソフト 2本
    コントローラー 2台

    二人協力プレイに掛かった費用

    [ソフト代] 4,000×2本=8,000円
    ※2021年10月12日時点
    PS Plusに加入が必要

    夫婦コメント&評価

    夫コメント

    • ★★★★★
      ★★★★★

      探索要素が薄く、ミッションステージの景色が変わり映えしないのが残念でした。せっかく地球以外の惑星に行っているので、もっと外の世界に出て探索がしたかったです。また、ワンパターンな演出も勿体ないと感じました。最初こそ、横穴や通気口から突然出てくるエイリアンに驚いていましたが、毎回同じなので段々どこからエイリアンが出てくるか分かるようになり、興醒めでした。値段の割にボリュームが少ないことにも注意が必要だと思います。一方、行き詰ったら難易度を変更して練習できる、1ミッションにかかる時間が短め、操作の良さなど気軽に遊べる部分は良かったと思います。

    妻コメント

    • ★★★★★
      ★★★★★

      操作性が良いのでアクションやシューティング関連では快適に楽しくプレイしました。そのため、気軽に短時間で遊べるシューティングゲームとしては面白いと思います。但しムービーはほぼ無く、戦闘中などの会話のみでストーリーが進行するため感情移入はしづらいです。ゲーム内に主人公の意思が無く、ただ上司の命令に従ってミッションをこなすだけなのでクリア後の達成感自体も薄めでした。シーズン制なので今後もキャンペーンやクラスが追加されていくとは言え、現時点ではボリュームの少なさも気になります。

    『Aliens:Fireteam Elite』のスコア

    6.4

    グラフィック

    6.5/10

    操作性

    8.0/10

    ボリューム

    6.0/10

    ストーリー

    5.5/10

    オリジナリティ

    6.0/10

    エイリアン:ファイアーチーム エリート 公式サイト

    PlayStation 4カテゴリの最新記事