ゲーム概要

『The Ascent』は2021年7月30日に発売されたTPSのシューティングアクションRPGです。主な特徴として、サイバーパンクな世界観や、キャラクターを強化・育成するRPG要素、環境内のオブジェクトを利用する見下ろし視点でのシューティングバトルが挙げられます。
なお本作は最大4人でのオフラインマルチプレイまたはオンラインマルチプレイに対応しています。

あらすじ

新たな生活への希望を抱き、惑星ヴィールスへと移住してくる人々。しかしその多くは、移住の代償として大企業『アセントグループ』との雇用契約を交わす事になります。“労働者”とは名ばかりの、完全奴隷として…。
プレイヤーは大企業「アセントグループ」に所有される奴隷として、命じられるがままに働く日々を過ごしていますが、ある日突如として「アセントグループ」の崩壊を目の当たりにします。前代未聞の大事件に都市内が騒然とするなか、プレイヤーはその真相を究明するべく、武器を手に取り 無法地帯と化した都市を探索することになります。

対応プラットフォーム

Xbox seriesX|S / Xbox One / PC(steamなど) ※2021年8月19日時点

プレイ人数

オフライン 1~4人
オンライン 2~4人

オフライン二人協力プレイ動画

オフライン協力プレイ手順

本作は、ゲーム開始直後からマルチプレイが可能です。オフライン協力プレイの前準備として、あらかじめXbox series X|S本体にコントローラーを人数分接続しておきます。

※最初からゲームをプレイする際の手順を記載しています。

1.『カウチCOOP』を選択します。

2.『新規ゲームをホスト』を選択します。

3.使用するセーブスロットを選択します。

4.2PコントローラーのAボタンを押してゲームに参加します。

5.使用するアカウントを選択します。

6.2Pキャラが使用するセーブスロットを選択します。

7.1Pコントローラーを操作して『新規ゲーム』を選択するとゲームが開始されます。

レビュー

○オススメする点
  • ・没入感が高く、サイバーパンクの世界に浸れる
  • ・バトルに爽快感&やり応えがある
  • ・続きの気になるストーリー

没入感が高く、サイバーパンクの世界に浸れる

>>美麗グラフィック

本作は見下ろし視点のゲームですが、ズームしてFPSにしても問題ないのではと思うほどにグラフィックが細かく作り込まれています。人間やロボットを始めとしたさまざまな種族のNPCが多言語の入り混じる看板街を歩いていたり、雨が降ったあとの小さな水たまりにネオンサインの蛍光色が反射して光る様子など、エモーショナルな景観演出はサイバーパンク好きな方には必見です。また、都市周辺に聳え立つ重厚な建造物や、工場設備を思わせる入り組んだ配管やダクトと言った遠景の描写も素晴らしく、印象的な夜間照明も相俟って眺めているだけで別世界に行けたような感覚を味わえました。

>>世界観

最下層の汚水処理施設から最上層の高級街に至るまでを探索する中で目にするのは、階層によって異なる景色と、そこで暮らす様々な種族のNPC。その数の多さもさることながら、彼らが住んでいる階層に応じて行動や服装にまで違いがある点には驚きました。例えば、壊れたスナック菓子の自販機から商品が出てこずお金だけ吸われたせいで作業ロボットがキレていたり笑、パブで飲んでいる人たちの服装がひとりひとり違うといった細かな演出のこだわりは本作の至るところで見受けられます。そして、いっそ現実味を感じるほど精工に作り込まれた街並みに多種多様な生活を送るNPCたちが溶け込む様は、混沌としているようでいて確かな一体感があり、「もし本当にこんな世界で暮らせたらどんな感じかな…?」と、プレイヤー自身の想像力を掻き立ててくれます。

バトルに爽快感&やり応えがある

>>見下ろし視点のバトル

地形の高低差を利用したりオブジェクトを遮蔽物として使いながらしゃがみ撃ちすることで敵の攻撃をかわしながら攻撃できます。さらに、道端にあるタンクや乗り物を爆発させることで広範囲の敵にダメージを与えることができます(自分や仲間を爆風に巻き込む危険もあり、ゲーム内でもリアルでもわーわーと賑やかになって楽しいです)。ゲーム画面は基本的に見下ろし視点で進行していくため、周囲の状況をいかに把握しながら行動できるかがバトルのカギを握っていると感じました。また、雑魚敵の量が多めで、次から次に襲い掛かってくる敵を片っ端から倒していくのは爽快感がありました。さらに武器の弾薬が無限のため勿体ぶらずに撃ちまくれるところも爽快感に繋がっていると思います。

>>ボス戦&耐久戦

一方ボス戦や敵からの猛攻を指定時間耐える耐久戦のようなバトルはやり応えがあり、白熱しました。本作にはストックできる「回復薬」のようなアイテムが存在しせず戦闘中の回復手段が少ないです。また、倒れてしまった仲間を蘇生はできるのですが、蘇生アクションに時間がかかるため隙を見つけるのがなかなか難しい…!さらに、時間内に蘇生ができなければパーティメンバー全員がゲームオーバーになるという仕様のため、特に強敵とのバトル時は緊張感がありました。とは言えデスペナ自体は特に無く、直前のチェックポイントからすぐにリスタート可能というカジュアルさも併せ持っており、シューティングゲームがあまり得意ではない我が家にとってありがたかったです。

>>バトルスキル

ゲームを進めていく内に強力なバトルスキル(オーグメンテーション)が解放されていきます。敵を1か所に集めて強烈なパンチで一網打尽にしたり、攻撃をサポートしてくれる自律型ロボットを作り出して一緒に戦えるようになり、戦略の幅もどんどん広がっていきます。チャージ式ではありますが範囲内の味方の体力を回復できる設置アイテムなどもあり、協力プレイ時は連携しながらのバトルが楽しめました。

続きの気になるストーリー

テンポの良い展開運びと作り込まれた世界観のおかげで「続きはどうなるんだろう?」と気になりながらゲームクリアまで進めることができました。内容も難解すぎず、「最下層のゴミ溜めから出発し、世界を支配する最上層へと駆け上がっていく」というサイバーパンクもののいわゆる王道ストーリーのような流れとなっています。但し内容を完全に把握するためにはゲーム内の用語辞典を参照したり、バトル中などに左上に表示される会話文を読み飛ばさないよう注意が必要かと思います(けっこう重要なことをサラリと会話で喋ることがあります!)。

✓注意する点
  • ・キャラビルド要素は薄め
  • ・移動が大変
  • ・ストーリーを追うだけだといつの間にか適正レベルを下回る

キャラビルド要素は薄め

装備品の性能にランダム性が無いため、強い効果を求めて装備品集めをするといった楽しみ方ができません。強化できるのは武器のみで、探索中に拾った強化パーツを使って少しずつ強化していくシステムになっています。スキルの種類もあまり多くなく、どのスキルに振っても突出した能力を得られることがないため無難に体力やエネルギーに振ってしまいがちでした。また、人体改造のできるお店はあるのですが、出来ることは見た目の変更や、スキルポイントの振り分けと振り直し、身体機能強化装置の付け替え(わざわざ店に行かなくてもメニュー画面から自分でできる)といった感じでサイバーパンクらしい折角の人体改造というコンテンツなのですがちょっと物足りない印象があるのは残念でした。さらに本作にはいわゆるクラスや職業といった概念がないため余計にキャラクターに個性を持たせるのが難しく、強い装備や武器・バトルスキルを選んでいくとどうしても他のプレイヤーと似通ったカスタマイズになってしまうのが勿体無いなと感じました。

移動が大変

マップを開いても目的地がどこなのかが分かりづらいですが、目的地までのルート表示という機能があるためほぼ迷うことはありませんでした。ただ本作は移動速度が遅く基本的に敵に絡まれつつドンパチしながら徒歩で街中を進んでいくような感じで、目的地にたどり着くまでやや苦労しました。なおファストトラベルという機能はあるもののお金がかかるうえに移動先を細かくは指定できないため結局歩く必要があります。少しでも移動時間を短縮しようと、ゲーム終盤はつねにコロコロとドッジロールしながら二人で移動してました(不審者w)。

ストーリーを追うだけだといつの間にか適正レベルを下回る

ストーリーを進めるだけだと、出現する敵のレベルに主人公のレベルがあっという間に抜かされてしまい、いつの間にか歯が立たなくなるほど雑魚敵が強くなっていたりします…。そのため適宜サブクエストを進めたりレベル上げをしたりする必要がありそうです。なお、サブクエストの目的地としてストーリーの進行度によっては入れない場所が指定されていることがあったりと。ちょっと不親切な箇所があったりするのも気になりました。また、サブクエストの量はそれなりにあるのですがメインストーリーを楽しむだけならばクリアまで10~15時間程度のボリュームと、少しボリューム不足が気になりました。

オフライン協力プレイ時の特徴

  • ・倒れた仲間は蘇生できる
  • ・一定時間内に蘇生ができなければ他メンバーが生存していてもゲームオーバーになる
  • 協力プレイ環境

    夫→Xbox seriesX|S 1Pコントローラー
    妻→Xbox seriesX|S 2Pコントローラー

    MEMO

    2Pはゲストアカウントでも参加可能です。

    二人協力プレイに掛かった費用

    『Xbox Game Pass Ultimate』のゲーム内ライブラリからプレイ:1,100円(月額)
    ※初回加入時はキャンペーンで安く加入できます。
    Steam版ソフト:3,980円
    (2021年8月19日時点)

    Xbox Live Goldへの加入は不要。
    ※オンラインマルチプレイの際はXbox Live Goldへの加入が必要。

    夫婦コメント&評価

    夫コメント

    • ★★★★★
      ★★★★★

      FPSで街中を探索してみたい!と思うほどにグラフィックが美麗で、特に光の描写には感動しました!どこでスクリーンショットを撮っても絵になるので探索が楽しいです。ただ、オープニングムービーの字幕表示が早かったり、主人公の生い立ちや人となりが一切語られないことなどからストーリーへの感情移入はしづらいです。世界への没入感が高いだけに、物語がもうすこしプレイヤー自身のものとして楽しめたなら良かったのになあと思いました。

    妻コメント

    • ★★★★★
      ★★★★★

      グラフィックがとにかく素晴らしいです!露店のカウンターに貼ってあるシールや店の外に重ねて置いてある室外機など、画面内から滲み出る「生活感」がとにかくすごい。制作陣の抱くサイバーパンクという世界観への愛が至る所からヒシヒシと伝わってきます。ゲーム画面に映らない部分までプレイヤー側に想像させてくれるようなイマジネーションに溢れた作品なので、サイバーパンクな世界観が好きな方にとにかくおすすめしたいです。首が180度回るキャラ(!?)がいたりとか色んな発見があるため、お散歩するだけでも楽しめるところが気に入っています。

    『The Ascent』のスコア

    6.7

    グラフィック

    8.0/10

    操作性

    6.0/10

    ボリューム

    6.0/10

    ストーリー

    6.5/10

    オリジナリティ

    7.0/10

    The Ascent 公式サイト

    Steam(パソコン)カテゴリの最新記事